雪道の正しい走り方とコツ

車の運転は天候や道路のコンディションが良くても神経を使うものですが、雨の日など天候の悪い日にはより一層の注意しながら運転しなくてはなりません。雨ぐらいならまだいいですが、雪の中を走る際には正しい走り方をしないと大きな事故につながってしまいます。雪国で生活している方は雪の積もった道などたいしたことないかもしれませんが、車の運転となると話は別という方もいるのではないでしょうか。雪道を走る際には、前後の車とは必ず十分すぎるほどの車間距離を取るようにします。雪の積もった道はほとんど凍結しており、思いもよらないスリップ事故を起こしがちです。ブレーキを踏んだとしてもすぐにスピードが落ちるとは限りませんし、まったく別の方向へ行ってしまうことも珍しくありません。特に夜間の視界が悪い状況では路面状況はほぼわからない状態です。急なアクセル、急なブレーキ、急なハンドルさばきは本当に危険ですので、ゆっくりと小刻みに操作するようにしましょう。タイヤもスタッドレスタイヤを履いていても決して油断することなく、スピードは出さずに安全運転しましょう。カーブなどを曲がる際にも一度のハンドルだけで曲がりきろうと思わず、小さく数回に分けて回りきりましょう。